Mukashibanashi : Momotaro
Landscape French  English Chinese Multilingual Contents Contents in Japanese Home

ももたろう

ももたろうの誕生

 むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。いつも、おじいさんは山へ しばかりに、おばあさんは川へせんたくに行っていました。ある日おばあさんがせんたくを していると大きなももがどんぶらこどんぶらことながれてきました。おばあさんはそのももを 見て、おじいさんにおいしいももを食べさせてあげようとももを家へもって帰りました。 お昼になっておじいさんが山から帰ってきました。そしておいしそうなももを見て たいそうよろこびました。おじいさんとおばあさんはももを切ろうとしてびっくりしました。 ももの中から元気な男の子がとび出してきました。

 おじいさんとおばあさんには子どもがいませんでしたので、このももから生まれた子どもを かみさまのおくりものだと思ってよろこびました。そしてその子を「ももたろう」と名づけました。 おばあさんはごはんを作ってももたろうに食べさせるとびっくりするほどもりもり食べました。 そしてももたろうはどんどん大きくなりました。

フランス語,French,Francais

英語, English, Anglais Chinese

 ももたろうはどんどん食べて大きくなって、力もちになりましたが、ももたろうは なまけものでした。毎日毎日ももたろうはねたり、食べたりばかりでした。村のわかものは 山へでかけてたきぎをひろいに行きましたが、ももたろうだけは何もしませんでした。 おじいさんとおばあさんはしんぱいして、村のわかものに
「ももたろうをさそっておくれ。」
とたのみました。わかものがさそいに来て
「ももたろう、いっしょに山にたきぎをとりに行こうか。」
と言いましたが、ももたろうは
「しょいこがないから行けないよ。」
と言ってまた昼ねを しはじめました。つぎの日も、村のわかものがもういちど来てももたろうをさそいましたが、こんどは
「わらじがないから行けないよ。」
とももたろうは答えました。そのつぎの日とうとう おばあさんがおこりましたので、ももたろうはしかたなく村のわかものといっしょに山へ行きました。
 山でみながたきぎをひろっているあいだ、ももたろうは昼ねをしていました。みなはたきぎをとりおわった ので帰ることにしました。するとももたろうは
「おれもたきぎをとるからいっしょに帰ろうよ。」
と言いましたが、みなは
「今ごろたきぎをとりはじめると間に合わないよ。」
と言いました。 そこで、ももたろうは大きな木をつかむといきなりその木を引きぬいてしまいました。 みなはびっくりしました。そのままももたろうは木をかつぐとみなといっしょに村へ帰りました。 そのすがたを見て、おじいさんとおばあさんはとてもおどろきました。その話がおとのさまの耳に 入るとおとのさまはとてもももたろうに会いたくなりました。
「前からわるいおにが何度も 何度も村人をおそっては、いろいろなものを盗んでいくのじゃ。力もちなら、おにをたいじして くれぬか。」
とおとのさまが言いました。ももたろうはおにたいじのたびにでかけることになりました。

フランス語,French,Francais

英語, English, Anglais Chinese

 おじいさんとおばあさんはきびだんごを作ってももたろうにもたせました。ももたろうが、 歩いていくととちゅうで犬に出会いました。
ももたろうとさる
「ももたろうさん、どこへ行くんですか。」と犬が聞きました。
「おにがしまへおにたいじに行くところだ。」
「このこしにぶら下げているのは何ですか。」
「日本一のきびだんご。」
「一つくださいな。おともします。」と犬は言いました。
そこでももたろうは犬にきびだんごをあげました。
 犬といっしょにたびをつづけました。するとさるが出てきて、
「ももたろうさん、どこへ行くんですか。」と聞きました。
「おにがしまへおにたいじに。」
「このこしにぶら下げているのは何ですか。」
「日本一のきびだんご。」
「一つくださいな。おともします。」とさるは言いました。
またももたろうはさるにきびだんごをあげた。
 そしてももたろうは犬とさるをつれてたびをつづけました。こんどはきじがいちわとんできて、同じように、
「ももたろうさん、どこへ行くんですか。」と聞きました。
「おにがしまへおにたいじに。」
「このこしにぶら下げているのは何ですか。」
「日本一のきびだんご。」
「一つくださいな。おともします。」ときじは言いました。
そしてももたろうはきじにもきびだんごをあげました。

フランス語,French,Francais

英語, English, Anglais Chinese

They go to the Island of Ogres
 ももたろうは、犬、さる、きじとうみべにやっとつきました。そしておにがしまへ行くために 船にのって海にこぎだしました。ところが、こげどもこげどもしまが見えません。きじが 空へとんで、しまを見つけてその方角を教えました。そして、みなはおにがしまにつきました。 しまに大きなおしろがありました。おにのしろの門はぴったりとしめられていました。そこで さるがすばやく門にのぼって中からかんぬきをあけて門をひらきました。でもおには そんなことは知らずにおさけをのんだりうたをうたったりしていました。そこでももたろうは 大声でさけびました。
「おれはももたろうだ。おまえたちをたいじに来た。」
おにたちは犬と こぞうに何が出来るかとわらいとばしました。でも日本一のきびだんごを食べて元気いっぱいの犬がとびかかって おににかみつき、ももたろうはかたなをうちふるい、 なかまたちといっしょにあっというまにおにたちをやっつけてしまいました。

Momotaro

おにたちは
「たからものはおかえし します。もうにどとわるいことはしません。ですからいのちだけはおたすけください。」
とあやまりました。

 こうしてももたろうとなかまはたからものをもって村へ帰りました。しんぱいしていた おじいさんもおばあさんもたいそうよろこびました。それからももたろうはおじいさんと おばあさんといつまでもしあわせにくらしました。

めでたしめでたし。

文:ミリアン・ダルトア

絵:城下展輝


はこにわ | フランス語 | 英語 | 中国語 | 多言語 | 目次 | ホーム